なんやかんやで、いま台湾

台湾在住5年め。台湾で出会ったお店や場所や日々のことを。

宜蘭の瓜仔鶏麺は、昔ながらのやさしい味わい - 十六崁瓜仔雞麵 -

台湾の東海岸線沿い、北東に位置する宜蘭(イーラン)県。

渋滞にはまらなければ、台北から車で1時間ほど。

(けれど、だいたい渋滞している)

宜蘭に、2泊3日で旅行してきました。

f:id:molitw:20211216113537j:plain

気になっていた、麺料理やさん「十六崁瓜仔雞麵」

f:id:molitw:20211212184547j:plain

店内と路上に数席ずつある、小さなお店。

f:id:molitw:20211212184625j:plain

メニューはこちら。

f:id:molitw:20211212184509j:plain

「瓜仔雞麵」を中心に、なかなか種類が豊富。

これ以外に、店頭に小皿料理も並んでいる。

 

瓜仔雞麵2種と、小皿料理をいただきました。

f:id:molitw:20211212184606j:plain

小菜 NT$20。店頭にならぶ小菜は、円形のお皿がNT$20/楕円形のお皿がNT$30

こちらは「瓜仔雞麵 」

f:id:molitw:20211212184434j:plain

「瓜仔雞麵」NT$65

初めての方にはこれがオススメだよ、と店内の貼り紙に書かれている一品。

(こんな親切な貼り紙、台湾の小吃店で初めて見た!)

「瓜仔」は、きゅうりの漬物。

やさしい味のスープに、細麺と瓜仔、鶏肉が入っている。

麺はあっさりしていて食べやすく、クセがない。

 

もうひとつは、「瓜仔雞意麵」

f:id:molitw:20211212184450j:plain

「瓜仔雞意麵」NT$65

瓜仔雞麵とスープや具材は同じで、麺だけ「意麵」に替わった一品。

この意麵が、美味しい!

油で揚げられている麺は、サクサクした食感と

スープに浸って柔らかくなった食感の、両方が楽しめる。

私は断然、意麵派!

 

各種調味料で、味変も可能。

f:id:molitw:20211212184526j:plain

辛いタレや酸っぱいタレ

けれど、そのままのシンプルな味が良い。

具材の鶏肉はやわらかく、瓜仔はアクセントになって美味しい。

f:id:molitw:20211212184419j:plain

写真をパシャパシャ撮っていたら、オーナーさんがわざわざ声をかけてくれました。

数十年前からここに住んでいるんだよ〜

昔は営業時間が夜遅かったんだよ〜

 

店内の貼り紙といい、親切でフレンドリーな人柄がにじみ出ている。

 

 十六崁瓜仔雞麵 

宜蘭縣宜蘭市中山路三段154號

10:30-22:30 火・水定休

アクセス 宜蘭車站から徒歩12分/バス停「北門」すぐ

参考情報

✔︎ 座席はぜんぶで5テーブルほど。回転が早いので、並んでいてもそれほど待たずに入れるかと思います。

✔︎ 瓜仔は、「guā zǐ​/ㄍㄨㄚ ㄗˇ(グゥア ズ)」と読みます。ただ、夫は「guā zǎi/ㄍㄨㄚ ㄗㄞˇ(グゥア ザイ)」と言います。どちらが正しいのか、どちらも正しいのか?ご存知の方はぜひ教えてください。

✔︎ 餛飩=ワンタンも美味しそうです。

おうちで楽しめる台湾