なんやかんやで、いま台湾

台湾在住3年め。台湾で出会ったお店や場所や日々のことを。

鳥が歌う陶磁器のまち - 鶯歌陶瓷老街 -

台北のおとなり新北市にある、陶磁器のまち「鶯歌」

f:id:molitw:20210427184944j:plain

おちょこみたいな小さなカップでコーヒーが飲みたくて、鶯歌へ探しにいきました。

f:id:molitw:20210427185255j:plain

老街全体は、お店に立ち寄らなければ10分ほどでまわれる広さ。

f:id:molitw:20210427185417j:plain

この建物を起点に、右まわりにぐるっと1周しました。

f:id:molitw:20210427185125j:plain

f:id:molitw:20210427203208j:plain

f:id:molitw:20210427193231j:plain

福を呼ぶ壺。お米などを入れるようです。

f:id:molitw:20210427185343j:plain

陶芸体験ができるお店もあります。

f:id:molitw:20210427185105j:plain

スタバも陶瓷老街仕様。

f:id:molitw:20210427185146j:plain

この地で陶芸がおこなわれるようになって、200年以上になるそう。

老街には、味わい深い老舗とスタイリッシュな新しいお店が混在しています。

f:id:molitw:20210427185045j:plain

歩いていると、やたら聞こえてくる鳥の声。

ずいぶん近いところで鳴くなぁと思っていたら、

f:id:molitw:20210427193344j:plain

なぜか犬のデザインの鳥笛。水を入れて使います。

鳥笛でした。

f:id:molitw:20210427194127j:plain

こどもたちに大人気!

すれ違うこどもたちはみんな、ピーピー鳴いています。

 

1周してひととおりお店を覗いたあと、スタート地点すぐ近くのこちらのお店へ。

f:id:molitw:20210427185002j:plain

ほしかった小さな茶碗の種類が豊富です。

f:id:molitw:20210427184922j:plain

f:id:molitw:20210427193313j:plain

青い器もきれいだし、

f:id:molitw:20210427184901j:plain

金魚も捨てがたいけれど、

f:id:molitw:20210427185209j:plain

今回はこちらの台湾花模様にしました。

赤とグリーンを1つずつ。

 

ほかにも素敵なお店があったので、そちらの紹介はまたの機会に。

 

 鶯歌陶瓷老街 

新北市鶯歌區尖山埔路

お店によるが、だいたい10:00-19:00頃

アクセス 台湾鉄道台北駅から鴬歌駅まで約30分・鴬歌駅から鶯歌老街まで徒歩7分

参考情報

✔︎ 鶯歌陶瓷老街はそれほど広くないですが、かなりの数のお店があります。見たかったお店の半分くらいを諦めましたが、1周するのに2時間かかりました。

✔︎ カフェご飯やさんドリンクスタンドがところどころにあります。

✔︎ 老街のまんなかにある「鴬歌光点美学館」というショッピングモールに、きれいなトイレがあります。

✔︎ 日本製の商品も結構あるようです。メイドイン台湾にこだわる場合は、確認したほうがよさそうです。

おうちで楽しめる台湾