なんやかんやで、いま台湾

台湾在住3年め。台湾で出会ったお店や場所や日々のことを。

まぁまぁどうぞ、ゆっくり座ってコーヒーでも - Sit Down Plz Coffee Roasting -

出会えたことは奇跡。

と思えるほどのディープな立地に、おしゃれなロースタリーカフェがある。

f:id:molitw:20210125200818j:plain

台北のおとなり、新北市の三重区。

f:id:molitw:20210125201134j:plain

すぐ隣の大通りは、とても広くて明るいのに

脇道にはいったとたん、狭くて薄暗くてちょっとドキドキ。

でも少し歩くと、明るい光が見えてきて

f:id:molitw:20210125200919j:plain

小さなお店に辿り着きます。

f:id:molitw:20210125200836j:plain

f:id:molitw:20210125200859j:plain

Sit Down Plz.

漢字にすると、西當・普里斯。

粋な名前のお店。

f:id:molitw:20210125201035j:plain

随所に感じるこだわり。

メニューには、ハンドドリップの抽出方法が詳しく紹介されています。

f:id:molitw:20210125201117j:plain

化学の実験みたいな抽出方法の説明図

豆の産地や焙煎方法やフレーバーなども、ひとつひとつ丁寧に書かれています。

そして、それぞれの豆にはオリジナルのネーミング。

f:id:molitw:20210128124015j:plain

たとえば、コスタリカ タラス産の豆は、ラム酒・蜂蜜ケーキ・ワイン漬けチェリーのフレーバー。

そのネーミングは「巴哈(バッハ)」

f:id:molitw:20210125201056j:plain

華やかな香り、酸味のなかに存在感のある苦味。

優美な味わいは、たしかにバッハの音楽のようでした。

f:id:molitw:20210128130400j:plain

ハンドドリップのホットは、このスタイルで提供。

小さなカップに入れて少しずつ、少しずつ飲みすすめると、温度が変わるにつれての味と香りの変化を味わえます。

f:id:molitw:20210125200954j:plain

豆やドリップパックも販売。

オリジナルのデザインは、どれもポップでキュート!

f:id:molitw:20210125200937j:plain

ここにいると、好奇心をくすぐられる。

焙煎方法の「葡萄乾蜜處理」と「黄蜜處理」って何が違うんだろうと、つたない英語でオーナーに聞いてみたものの、英語力の低い私が理解できるように説明するのが大変そうで、居合わせた日本語のわかるお客さんも巻きこんで、てんやわんやでした。

コーヒーがもっと好きになる、素敵なお店です。

 

 Sit Down Plz Coffee Roasting 西當・普里斯 

新北市三重區安樂街47號

12:00-21:00/日曜 12:00-18:00 月曜定休

アクセス MRT三重国小駅から徒歩4分

参考情報

✔︎ ハンドドリップ NT$150〜/コーヒー豆(シングルオリジン)230g NT$450〜

コーヒー豆を購入すると、ハンドドリップ1杯サービス。

✔︎ 自家焙煎の豆は、10種類ほど。いつも取り扱いのある定番商品と、毎月のセレクト品があります。

✔︎ スイーツもあります。

✔︎ 店内はテーブル3つ、カウンター4席と小さめです。スタッフさんは英語が話せます。

おうちで楽しめる台湾