なんやかんやで、いま台湾

台湾在住4年め。台湾で出会ったお店や場所や日々のことを。

マレーシア旅行*vol.3 ペナン島の宿泊は、アットホームなブティックホテル - Campbell House Penang -

基本的に旅先の宿は、清潔さや立地など必要最低限が担保されればなんでもいいタイプ。

ただ今回、ジョージタウンには素敵なホテルがたくさんあったので

いつもより少しだけ予算をアップして、ホテルステイを楽しむことにしました。

 

Campbell House Penang

ジョージタウンの中心部にある「キャンベル ハウス ペナン

1903年からこの地に立つ建物をリノベーションしたホテルで、

オーナー夫妻は、イタリア人と、マレーシア&イギリスのミックス。

大きいスーツケースなどは、階段手前のロープで運ぶ仕組み。
階段横にはシューズボックスがあって、ホテル内は土足厳禁

一歩ホテルに入ると、このフロントの佇まい!

レトロでクラシックで、明るい光が差して、なんて絵になる光景。

スタッフさんは明るくてフレンドリー。

「ペナン初めて」と伝えたら、3種類のマップを広げて10分くらいペナン島のあれこれを紹介してくれました。

 

予約したのは「Blossom」というお部屋。

ホテルの中ではいちばん小さい部屋で、クイーンサイズのベッドと1人掛けソファーが1つ。

2人だとすこし狭く感じるかも。

ほかのお部屋は、もっと全然広そう。

写真奥の右手がシャワールーム、左手がトイレ。バスタブはなし。
アメニティはロクシタン

今回泊まったマレーシアのホテル2箇所は、どちらもシャワールームに扉がなかった。

(シャワールームの半分だけが、壁やガラスで仕切られている状態)

「案外大丈夫」という書き込みも見かけていたけれど、わたしは開いている半分から、がっつり水もれしました。

シャワーの浴び方が荒ぶっているんだろうか。

冷蔵庫には、ボトルに入ったお水とフレッシュジュース。

ウェルカムドリンクでもいただいたこのジュース、とっても美味しい。

 

ホテルの1階は、フロントとイタリアンレストラン。

2・3階が客室になっていて、それぞれのフロアにくつろげるスペースもある。

2階の階段横スペース。ここでウェルカムプチケーキをいただきました

3階テラス。7月はとても暑くて、ここではゆっくりできなかった

ホテル内のアートには価格が記載されていたので、販売しているみたい

どこを切り取っても素敵。

 

朝食は、1階のレストランで。

朝食メニューはこちら。

エッグベネディクトをいただきました。

フルーツたっぷり盛り合わせとドリンク付きで、満腹。

このレストランは通常メニューも美味しそう。

 

キャンベル ハウス ペナンはジョージタウン各所の観光スポットにもアクセスしやすい立地。

泊まったお部屋は2階の階段横で、フロントの会話がわりと聞こえたり

古い建物だけに多少の難はあるものの、それを補って余りあるだけの魅力たっぷりなホテルでした。

 

TIPS

  • ホテル代は、7月土曜に「Blossom」1泊朝食付きで¥10,380(自分的にちょっと贅沢してこの価格。東南アジアのホテルはほんとコスパがいい)
  • スリッパ・歯ブラシなどのアメニティは、フロントでもらえます。
  • 公式サイト 

    Campbell House Penang - Heritage Boutique Hotel In Georgetown

KKday 海外旅行オプショナルツアー、WiFi、チケット予約はおまかせ