なんやかんやで、いま台湾

台湾在住4年め。台湾で出会ったお店や場所や日々のことを。

元気が出る真夏の鍋!おしどり鍋で2つの味を堪能 - 這一鍋 台北吉林殿 -

台湾には鍋料理のお店がたくさんあって、1年中鍋を食べる。

真夏に熱々の鍋を食べるのも、パワーが湧いていい感じ。

台北で火鍋を食べました。

行天宮駅が最寄駅で、

「阿城鵝肉 」や「糜家莊潮式砂鍋粥 」が並ぶグルメストリート・吉林路にあるお店。

和の落ち着いた雰囲気で、きれいな店内。

席ごとに仕切られていて、ゆったりできる。

それと、紙エプロンがかわいい!

メニューの一部はこちら。

2種類のスープが楽しめる、鴛鴦鍋(おしどり鍋)を頼みました。

右側は「御膳麻辣鍋」

お店によっては激辛なこともある麻辣鍋。

ここはそれほど辛くなくて、でもスパイスはしっかり主張。

鴨血と豆腐入り。(おかわり可)

左側は「老火湯」

鶏と豚を6時間煮込んだスープで、旨味のしっかり出た優しい味。

 

麻辣鍋は最初すこしクセが強く感じたけれど、いろいろ入れて煮込んでいるうちにちょうどいい味わいになりました。

老火湯は終始おいしかった。

牛肉と豚肉

お肉や野菜、その他具材は、好きなものをチョイス。

ビジュアルで選んだつくね盛合せが、歯ごたえがあってどれも美味!

盛味綜合丸(NT$298)

老油條(NT$78)
スープに数秒だけつけて、サクサクのまま食べるのがおいしい

左奥・五彩鮮蔬盤(NT$268)
野菜の盛り付けもかわいい

2人でこの量、食べきれなくって打包(持ち帰り)。

スープをたくさん追加してくれたので

肉や野菜を買い足して、3日間鍋を食べ続けました。

 

這一鍋には、ひとり鍋用の姉妹ブランド「這一小鍋」も。

そちらには這一鍋にはない「石頭鍋」もあるので、行ってみなきゃ。

 

 這一鍋 台北吉林殿 

104台北市中山區吉林路190號

17:00-翌3:00 土日 12:00-翌3:00

アクセス MRT行天宮站から徒歩7分/MRT中山國小站から徒歩10分

TIPS

✔︎ 料金は、基本の鍋代が1人につきNT$130。鴛鴦鍋だと1テーブルにつきプラスNT$150。そこに注文したメニューの料金と、10%サービス料。今回の注文では、計NT$1,837でした。

✔︎ 店内は複数フロアあって、席数はたくさん。金曜のオープン間際に行ったらすぐに入れたけれど、その後埋まっていたので、事前予約が無難。

✔︎ とても気配りしてくれるスタッフさん。鍋や焼肉のお店は、全般的にサービスレベルが高い気がします。それから、とにかくクーラーが効いているので羽織は欠かせない。

✔︎ 支店台北・台湾各地に複数あり。

公式サイト 這一鍋火鍋、鴛鴦鍋、麻辣鍋、火鍋外帶 | 這一鍋 皇室祕藏鍋物

KKday 海外旅行オプショナルツアー、WiFi、チケット予約はおまかせ