なんやかんやで、いま台湾

台湾在住3年め。台湾で出会ったお店や場所や日々のことを。

鹿の村の、おいしいおにぎり - 麋谷 Migu village -

前回の記事と同じ恆春で、もう1つリノベーションカフェに行きました。

こちらは、古い米工場からカフェへの生まれ変わり。

f:id:molitw:20210526225231j:plain

f:id:molitw:20210526225212j:plain

淡い色づかいのかわいい外観には、お店を知らなくても足が止まっちゃう。

お店にはいると、なんだか神々しい鹿の壁画。

f:id:molitw:20210526225504j:plain

店内には、米工場時代の設備が一部残されていて

f:id:molitw:20210526225256j:plain

写真右手が、工場のなごりの籾摺り機

その隙間から、鹿がのぞいています。

f:id:molitw:20210526225441j:plain

メニューはこちら。

f:id:molitw:20210526225318j:plain

食事メニューが豊富です。

おにぎりのセットをいただきました。

f:id:molitw:20210526225355j:plain

「南洋緑咖哩燉雞」NT$270

まずは、グリーンカレーとおにぎりのセット。

副菜2種とミニデザート付き。

おにぎりは、5種類から2つ選べます。

こちらは、ベーコンおにぎりと明太子おにぎり。

f:id:molitw:20210526225421j:plain

「紅酒牛肉奶油焼」NT$290

それから、牛肉の赤ワイン煮込みとおにぎりのセット。

こちらは、ツナの焼きおにぎりと山葵サラダソースのおにぎり。

f:id:molitw:20210526225336j:plain

料理はどれも美味しかったのですが、「山葵サラダソースのおにぎり」は、びっくりするほど美味しかったです。

台湾で、おにぎりの美味しさにびっくりするとはなぁ。

 

 麋谷 Migu village 

屏東縣恆春鎮恆南路2巷1號之1號

11:00-20:00

アクセス 恆春空港から約6km

参考情報

写真の3品で、NT$660

✔︎ 最低消費額 NT$120/1人

✔︎ 店内は、大きなテーブル席1つ・小さなテーブル席いくつかとカウンター席で、それほど広くありません。平日の夕方に行ったら待たずに入れましたが、週末は少し並ぶかもしれません。

✔︎ 店名の「麋谷」は、「鹿」と「米」が一緒になっていてこのお店にぴったりの「麋」という字と、もみを意味する「稻谷」に由来する造語です。ミーグー、と読みます。響きがかわいい。

おうちで楽しめる台湾