なんやかんやで、いま台湾

台湾在住3年め。台湾で出会ったお店や場所や日々のことを。

ごはん

とうふのまち「深坑老街」で臭豆腐を食べる - 深坑 古早厝 -

臭い豆腐と書いて「臭豆腐」 (そしてほんとうにクサイ) そんな名前の食べ物なんて食べたくない、とずっと思っていたのですが 3月のある日ふと食べてみたくなったので、臭豆腐やさんが並ぶ老街に行ってきました。 老街の入り口。向かって左が老街になって…

寧夏夜市で雞肉飯 - 方家雞肉飯 -

迪化街や台北駅の近くにあり、 ついでにちょっと立ち寄りやすい「寧夏夜市」 小さめながら、夜市らしい熱気に包まれた夜市。 南北にのびる寧夏路に開かれる夜市で 南側はゲームゾーン、北側は飲食ゾーンになっている。 ゲームゾーン 飲食ゾーン 雞肉飯を食べ…

小籠包探訪記その7 台中の人気店 - 饕之鄉 李姐的店 -

感染拡大の影響で、5月から数ヶ月間內用禁止だったこともあり しばらく食べていなかった小籠包。 (小籠包はできたてを食べたい) 久しぶりに、台中で食べました。 2021年のビブグルマンに初選出された、こちらのお店。 横にながーく、かなり広々としていま…

ぷるぷるバーワン - 台中肉員 -

新しい食べ物に出会った。 その名も「バーワン」 良い名前。 台中にあるこちらのお店は、バーワンの人気店。 1933年創業の老舗です。 店内は、小吃店にしては広々きれい。 メニューは3品のみ。 「台中肉員」と「魚丸湯」をいただきました。 写真左「台中肉…

魯肉飯を語るには、ここは外せない - 金峰魯肉飯 -

台湾の魯肉飯、有名店は?人気店は?という話で まず最初に名前があがるであろうお店。 その名も「金峰魯肉飯」 魯肉が、金の峰に見えてくる。 お店の場所は、MRT中正紀念堂駅を出てすぐ。 鮮やかな看板と活気に もしこのお店のことを知らなくても、通りかか…

台南のおいしい朝 - 永樂市場(國華街三段)その2 -

台南のおいしいお店がぎゅっと集まった、永樂市場前のストリートで朝ごはん巡り。 今回は、こちらの記事のつづきです。 molitaiwan.hatenablog.com 春蚵嗲 老鼎魯麵 修安扁擔豆花 さいごに 春蚵嗲 蚵嗲は「オデ」と読みます。 春さんの蚵嗲やさん。 安くて美…

台南のおいしい朝 - 永樂市場(國華街三段)その1 -

グルメな街として名高い台南。 その中でも、永樂市場前のストリート「國華街三段」は 人気店がぎゅっとひしめき合っていて、台南観光では外せないスポット。 朝ごはんの時間に行って いろんなお店でちょっとずつ、いろいろ食べてまわりました。 永樂市場(國…

海鮮入り台湾小吃なら、ここ - 東石順蚵仔煎 -

台北の西側に「萬華」という地区がある。 かつては、台湾3大都市の1つに数えられた萬華。 龍山寺や西門など、外国人観光客にも人気の観光スポットがあるエリアだけれど 少し先まで進むと、いっきにディープな空気に変わる。 そんな萬華のディープエリアに…

推しの魯肉飯。安定感抜群の人気店 - 黄記魯肉飯 -

台湾に住みはじめて、1年と4ヶ月。 私はまだまだ魯肉飯を食べたい。 台湾に数えきれないほどある魯肉飯のお店のなかでも、 このお店はトップクラスの人気を誇るんじゃないかと思っている。 行天宮の1駅となり、MRT中山國小駅にある「黄記魯肉飯」 19時前…

お祝いは、アットホームな老舗ステーキハウス - 紅屋牛排館 -

5月にコロナの感染拡大がはじまり、しばらく內用=店内飲食が禁止されていた台湾。 少しずつ感染者数も落ち着き(最近は数人/日)、台北・新北では8月3日から內用が再開されました。 この3ヶ月、ほとんど外出せずに過ごしてきたけれど ちょうどやってきた…

大将は 夏ニモマケズ 鍋をふる - 炒飯專家 -

店名は「炒飯專家」 和訳すると、炒飯の専門家・エキスパート。 その名のとおり、炒飯で勝負しているお店。 店構えが渋い。 期待が高まる。 炒飯には、3つのタイプがある。 メニュー左は、スタンダード炒飯。 まんなかの「麻油」は、ごま油炒飯。 右の「燴…

鹿の村の、おいしいおにぎり - 麋谷 Migu village -

前回の記事と同じ恆春で、もう1つリノベーションカフェに行きました。 こちらは、古い米工場からカフェへの生まれ変わり。 淡い色づかいのかわいい外観には、お店を知らなくても足が止まっちゃう。 お店にはいると、なんだか神々しい鹿の壁画。 店内には、…

食べて!踊って!台東の夜 - 雲棧部落音樂餐廳 -

台湾原住民がたくさん暮らす台東。 台東には美味しい「原住民料理」のお店が、たくさんあります。 その中のひとつ、こちらのお店へ行きました。 入り口には、民族衣装のスタッフさんが並んでお出迎え。 そして、広い広い店内の 特等席に案内してくれました。…

台湾海岸線めぐり・海の隣の「小さな魚の家」 - 小魚兒的家 -

台東の海沿いにある「小さな魚の家」におじゃましました。 住んでいるのは小さな魚だけれど、 家は大きい。 建物2つに、広いお庭。 お庭からは、海が見わたせます。 台東の海は、深い青色 台東の広い空と広い海が見渡せる、抜群のロケーションのカフェです…

台湾式マカロンと紅茶の朝ごはん - 廟口紅茶 -

渋さが際立つ老舗「廟口紅茶」に、朝ごはんを食べに行きました。 お店のはす向かいには「城隍廟」 廟の出入り口にあるから、”廟口”紅茶。 花蓮でもトップクラスの有名店です。 週末の午前中に行ったら、たくさんの人、人、人! メニューはこちら。 この日は…

メニューはオンリーワンタン - 戴記扁食 -

このお店には 、メニューがひとつしかない。 潔くてロックなお店。 オールドスタイルな外観に、ちょっとドキドキしながら入店。 メニューが1つだけなので、入り口で何人か、何碗かを伝えたら、注文は完了です。 お店の歴史とこだわりを、手書き&写真で紹介…

初夏の日、レモンジュースが染みわたる - 佳興冰果店 -

4月の終わり頃から7泊8日、車で台湾を1周してきました。 出発のとき台北は少し涼しかったのですが、旅のあいだ南下するにつれ気温は上昇していって、帰ってくると台北もすっかり暑くなっていました。 そんな暑さには、レモンジュースがぴったり。 花蓮県…

ガチョウ肉、こんなに美味いとは - 阿城鵝肉 -

ガチョウ肉を初めて食べました。 それはそれは絶品。 1990年創業の「阿城鵝肉」は、台湾各地の5箇所に6店舗あるお店。 今回は台北吉林のお店へ行きました。 メニューはこちら。 ガチョウ肉以外にも、いろいろあります。 この日は2人で7品注文しました。 …

白亜のインド料理店 - Saffron Fine Indian Cuisine -

台北市内の北に位置し、日本人や欧米人がたくさん住む「天母」 濃密な台北市中心部に比べると、そこはかとなく軽やかな空気が漂うエリアです。 そんな天母に建つ、白壁が美しいインド料理店。 落ち着いた、上品な雰囲気のお店。 外国人のお客さんも多いです…

小籠包探訪記その6 - 小上海 -

台北にある、小さな上海。 上海発祥といわれる小籠包の、人気店です。 ネオンが眩しい看板とは一転して、店内は落ち着いた色調。 すっきりしていて居心地の良いお店です。 調味料は各テーブルの引き出しに。 あぁ、だからすっきり。 メニューはこちら。 この…

西門の人気店は、ちょっと変化球な魯肉飯 - 天天利美食坊 -

魯肉飯の二大特徴は、肉の脂身と八角の独特な香り。 それが美味しいと思うときもあれば、重たいと感じるときもある。 それが苦手で、魯肉飯が食べられないという人もいます。 そんなときには、こちらのお店へ。 若者があふれる西門の街。 ひしめく飲食店のな…

小籠包探訪記その5 - 蘇杭點心店 -

先週はじめて行って、好きだなぁと思って、今週また行きました。 台湾に数ある、小籠包の人気店のひとつ。 こちらのお店は、総合力が高いです。 1967年創業の老舗。 改装されていて、店内はきれいです。 食べきれなかったらお持ち帰り(外帯)しよう、と思っ…

クリスマスと海南鶏飯 - 慶城海南鶏飯 -

台湾でむかえる、はじめてのクリスマス。 台北・中山駅前のクリスマスツリー この時期の東京は、街中どこもイルミネーションが眩しくて、年末年始にむけてなんだかみんなソワソワしていて、忘年会に盛りあがる人々が街にあふれ、 その渦の中にいるだけで「あ…

ハイカラなお店で排骨飯 - 東一排骨總店 -

美味しさもさることながら、お店の雰囲気に魅了される排骨の人気店があります。 台北駅から徒歩圏内。 この緑の看板を見つけたら、 階段を2階へとあがります。 入り口に到着してびっくり。 とても煌びやかで大きなお店。 ステンドグラスの装飾、きらきらし…

もちもち幸せな、お肉入り湯圓 - 施家鮮肉湯圓 -

このお店の湯圓は、ひとくち味わうたびに口が幸せになる。 その感動をおさえきれなくて、ひとくちごとに毎回「美味しいっ…」とため息まじりにつぶやきながら、食べ続けたお店です。 大橋頭駅すぐの、延三夜市にあるお店。 店頭には写真つきのメニューもあり…

立冬過ぎれば、羊肉鍋 - 全羊館 -

台湾では、立冬をむかえたら羊(ヤン)の鍋を食べるんだよ。と誘われて、鍋を食べに行きました。 立冬から1週間たった、土曜の夜。 やっぱりみんな「立冬をむかえたら羊の鍋」らしく、お店はお客さんでいっぱいでした。 お店のメニューは、羊肉鍋オンリー。…

小籠包探訪記その3 - 杭州小籠湯包 民生東路店 -

台北に2店舗ある、杭州小籠湯包。 本店は3年連続ビブグルマンに選出されていて、「台湾で小籠包」といえば、鼎泰豐の次ぐらいに名前があがるお店なんじゃないかなと思います。 今回はその杭州小籠湯包の、2号店へ行きました。 煌びやかな外観。 ちなみに…

台湾海岸線めぐり・萬里蟹が旬をむかえました - 龜吼漁港 -

11月から蟹がおいしいよ、と誘われて、蟹を食べにいきました。 台北から北東へ車で1時間弱の、龜吼漁港。 萬里蟹の漁場に近く、台湾海ガ二の聖地と呼ばれています。 龜吼漁夫市集 まずは市場で蟹を買います。 どこを見ても蟹・蟹・蟹、 ときどきエビや貝や…

ほっこり鶏湯の人気店 - 雙月食品社 -

金曜の夜は、ちょっと美味しいものが食べたい。 ということで、3年連続ビブグルマン選出のお店に行ってきました。 鶏スープが人気の台湾料理のお店です。 思いのほかこじんまりとした店内は、お客さんでぎゅうぎゅう。 注文はシートに記入して、先にお会計…

台北のとなり、少しディープな三重へ - 今大魯肉飯 -

台北市の西側には「淡水河」という大きめの川が流れていて、台北市からその川を越えると、新北市の三重区に入ります。 MRT(地下鉄)でたった1駅3分ほどの距離。それなのに、川を越えたとたん、台北市内とはちょっと違ったディープな雰囲気の漂う街に変わ…